5G対応スマホの「vivo Y100i」とは?

6月 19th, 2024

“5G通信が可能なエリアは全国各地に広がり始めていますので、5Gに対応しているスマートフォンがどんどん登場して使い始めている人も増えています。
その5Gに対応しているスマートフォンは高性能なフラッグシップモデルから安さ重視のエントリーモデルまでの様々な機種がありますが、その中の一つに「vivo Y100i」という5Gスマホがあり、重たい3Dグラフィックゲームでもサクサクプレイできる高性能CPUや手ブレ補正機能も作動して簡単に鮮明な写真が撮れる高性能カメラ、滑らかな操作性を実感できる高精細大型ディスプレイや安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約29000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約190gといった握りやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルー、ピンク、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2388×1080でアスペクト比19.9:9の約6.64インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは44Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 6020 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが12GB、内蔵ストレージは512GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+深度レンズがついた約200万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、タッチフォーカス、電子式手ぶれ補正、スーパーナイトモード、パノラマモード、ビューティーモードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 13(OriginOS 3.0)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーや防水(IP54)、液冷システムやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「Y78t 5G」とは?

2月 3rd, 2024

“5Gによる同時多接続は人が密集する場所などでもつながりにくくなることがありませんので、インターネットやオンラインゲームも5Gスマホで快適に楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「Y78t 5G」という5Gスマホがあり、誰でも簡単にプロ並みの撮影をすることができる高性能カメラや画面をタッチしたときの反応性も良い高精細大型ディスプレイ、普段使いはもちろんのこと負荷のかかる3Dゲームやアプリもスムーズに動いてくれる高性能CPUや一日中途切れることのない大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約23000円でRAM8GB/256GBモデルが約25000円でRAM12GB/256GBモデルが約29000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約9.1ミリ、重さ約199gといった操作しやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルー、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2388×1080でアスペクト比19.9:9の約6.64インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは44Wの急速充電に対応している6000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 6 Gen 1 SM6450 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+深度レンズがついた約200万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 13(OriginOS 3)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源やイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”Samsung Galaxy 最新スマートフォン

5G対応スマホの「TCL 40 NXTPAPER 5G」とは?

11月 5th, 2023

“5Gには同時多接続といった特徴もありますので、人がたくさん集まりやすくなるイベント会場や繫華街などでも通信障害が起きにくくなります。
その5Gに対応しているスマートフォンはスマホ初心者向けのエントリークラスから上級者向けのハイスペッククラスまでの様々な機種がありますが、その中の一つに「TCL 40 NXTPAPER 5G」という5Gスマホがあり、ぼけ感や階調などを美しく表現できる高性能カメラや負荷の高いオンラインゲームでもサクサクと動作する高性能CPU、直射日光下や暗闇でも画面が見やすい高精細大型ディスプレイや少しの空き時間があればしっかりと充電できる急速充電に対応した大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約4万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約192gという毎日の持ち運びにも煩わしさを感じない薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはスターライトブラックが用意されています。
ディスプレイは解像度HD+ 1612×720でアスペクト比20:9の約6.6インチ液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは15Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応していますので、滑らかな表示でストレスなく多くのことを楽しめると思います。
CPUはMediaTek Dimensity 6020 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+マクロ撮影ができる約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 13(TCL UI 5.0)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで日常生活内の軽い水没に耐えられる防水機能やイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「vivo V29e」とは?

11月 4th, 2023

“5G通信は4G通信を大きく発展させたものであり、スマホやパソコンだけではなく、あらゆるものがネットワークに接続されて活用する幅も広くなります。
その5Gに対応しているスマートフォンはローエンドクラスからハイスペッククラスまでの様々な機種がありますが、その中の一つに「vivo V29e」という5Gスマホがあり、明るい場所でも画面の視認性を損ないにくい高精細大型ディスプレイや臨場感のある風景写真が撮れる高性能カメラ、グラフィカルなオンラインゲームでもサクサク動く高性能CPUや外出での長時間のゲームや動画視聴の際にも安心して使い続けられる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約48000円でRAM8GB/256GBモデルが約52000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約7.5ミリ、重さ約180gといった小さい手の女性でも持ち歩きやすくて握りやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはアーティスティックレッドとアーティスティックブルーの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.78インチ液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは44Wの急速充電やワイヤレス充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 695 5G SM6375 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約6400万画素+広角レンズがついた約800万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約5000万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 13 (Funtouch OS 13 Global)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーなどがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”www.samsung.com/jp/smartphones/galaxy-z/

5G対応スマホの「Infinix GT 10 Pro」とは?

10月 22nd, 2023

“5Gでは送ったデータが大容量でも大丈夫ですし、劇的な速さで遅延なく送ることもできますので、今後も様々な分野で4Gとの違いを感じながら生活していくことができるでしょう。
その5Gに対応しているスマートフォンは様々なメーカーから多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「Infinix GT 10 Pro」という5Gスマホがあり、データの処理スピードが速い高性能CPUや長時間の使用でも安心して使用できる大容量バッテリー、ポートレートモードなど多様な機能が搭載されていてレンズを切り替えるだけでシーンにあった撮影ができる高性能カメラや遅延を感じることなく直感的かつスムーズに操作可能な高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約35000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約8.2ミリ、重さ約187gといった誰でも持ち歩きやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはシルバーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.67インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは45Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 8050 MT6893 3.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約10800万画素+深度レンズがついた約200万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 13(XOS)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーやハイレゾ音源、日常生活内の軽い水没に耐えられる防水機能やイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

iOS 17の魅力的な新機能とは?

9月 16th, 2023

“2023年秋に正式リリースとなるiOS 17はこれまでのiOS 16とは何が違うのでしょうか?ここではiOS 17の特徴についてまとめてみましょう。
【自動修正(Autocorrect)機能とは?】
iOS 17の機能として注目されているのが「自動修正(Autocorrect)機能」です。iOS 17ではキーボードにTransformer言語モデルを採用しており、従来以上に最先端の単語予測が可能になります。従来の文字入力機能では予測変換としてキーボードの上部に「ユーザーが入力したいであろう単語の候補」が表示されていたのですが、iOS 17のアップデートによってその先の「文の候補」が表示されることになります。候補はグレーアウトで表示され、スペースキーを押すと確定されます。
なおTransformerベースの技術は音声入力にも提供されており、精度向上が期待されています。ただ残念ながらiOS 17アップデート配信時では日本語に対応していません。新しい自動修正は日本語を除く13言語に対応しており、英語・フランス語・スペイン語についてはiPhone12以降の機種で利用できます。
【スタンバイ機能でスマートディスプレイになる】
iPhoneの新しい使い道として期待されているのが「スタンバイ」という機能です。スタンバイは充電中にiPhoneを横向きにすると起動する画面で、時計、音楽プレイヤー、カレンダー、スマートホームの操作、UberEatsの配達状況など大きな文字が表示されます。音声アシスタント「Siri」にも対応しており、iOS 17では呼びかけは従来の「Hey、Siri」から「Siri」だけでよくなります。さらに連続してリクエストを送ることが可能です。
【AIが内容を提案する「日記機能」とは?】
iOS 17の新しい機能にジャーナル(日記)機能があります。このジャーナル機能は思い出を振り替えられる日記機能になっており、iPhoneがユーザーの使用状況などに応じて日記の内容をAIが提案してくれるのです。提案やiPhone上の機械学習によっておこなわれ、内容として撮影した写真、位置情報、再生した音楽、実行したワークアウトなどの取り込むことができます。作成した日記自体の内容や候補となる内容はプライバシーに配慮され、提案機能も全てスマホ端末内で処理されます。内容はエンドツーエンドの暗号化処理をされた上で保存される仕組みです。ジャーナル機能は2023年後半に提供が予定されていて、iOS 17のアップデートとはタイミングが少しずれる可能性があると言われています。”

iPhoneの便利な機能「背面タップの機能」とは?

9月 9th, 2023

“iPhoneのiOS14から新しく追加された機能として「背面タップ」があります。今回は背面タップの機能についてまとめてみましょう。
【iPhoneの背面タップとは?】
背面タップとはその名の通り、スマホ端末本体の背面を指先で軽くタップして使う機能のことです。2020年9月に登場したiOS14から追加された機能で、端末の背面を軽く2回または3回タップすると、あらかじめ設定しておいた機能を使えます。
背面タップは正面ディスプレイとは違ってタッチパネルを採用しておらず、タップした時の振動を検知して動く仕組みです。スマホをケースに入れている人は多いと思いますが、ケースを付けている状態でも背面タップの利用は可能となっています。しかし分厚いケースを付けていると、背面をタップした時の振動が伝わりにくいため、背面タップが反応しない可能性もあります。
【背面タップの対応機種とは?】
背面タップはiPhone8以降の下記機種に対応しています。
・iPhone8シリーズ
・iPhoneXシリーズ
・iPhoneXSシリーズ
・iPhoneXRシリーズ
・iPhone11シリーズ
・iPhone12シリーズ
・iPhoneSEシリーズ
これ以前のiPhone7シリーズ以前の機種をiOS14にアップデートしても背面タップは使えません。
【背面タップの設定方法とは?】
背面タップは素早く2回タップする「ダブルタップ」と、3回タップする「トリプルタップ」の2つの機能のショートカットを設定できます。初期状態では背面タップ機能はオフになっているため、設定する必要があります。
背面タップの設定手順は以下の通りです。
1、ホーム画面から[設定]アプリを起動させる
2、設定アプリを開いたら[アクセシビリティ]をタップする
3、「身体機能および操作」にある[タッチ]をタップする
4、画面を下にスクロールして[背面タップ]をタップする
5、背面タップの画面を開くと「ダブルタップ」「トリプルタップ」の2つが表示されるので、機能を追加したい方のアクションを選択する
6、「ダブルタップ」か「トリプルタップ」のどちらかを選択後、アクションに設定できる機能が一覧で表示される
7、背面タップに設定したい機能をタップする
【背面タップに設定できる機能とは?】
背面タップに設定できる機能は決まっています。設定できる機能についてまとめてみましょう。
<アクセシビリティショートカット>
サイドボタンをトリプルクリックして使う「アクセシビリティ」のショートカットに設定した機能の「オン」と「オフ」を切り替える
<Appスイッチャー>
起動しているアプリの切替画面を表示する
<コントロールセンター>
画面の右上から下方向にスワイプした時に表示されるコントロールセンターを開く
<スクリーンショット>
スクリーンショットを撮影する
<音量を上げる・下げる>
iPhoneの音量を上げる、下げる
<シェイク>
間違えて消えてしまったメール、誤った文字入力などの操作を取り消せる「シェイク」機能を実行する
<Spotlight>
iPhone端末内にあるアプリ、ファイル、ニュース、Webサイトの検索などを一括で行える「Spotlight」を開く
<ホーム>
ホーム画面に戻る
<画面ロック>
ロック画面にする
<簡易アクセス>
画面上部にある項目に親指が届くように、画面上部を画面の下半分に表示する「簡易アクセス」機能のオン・オフを切り替える
<上・下にスクロール>
画面を上方向、下方向にスクロールする
<ショートカット>
ショートカットのアプリで作成したショートカットを実行する
<反転(クラシック)>
画面上の色を全て反転して表示する
<反転(スマート)>
アプリのアイコンや画像を除く、全ての色を反転して表示する
<ズーム>
画面を拡大・縮小して表示するズーム機能のオン・オフの切り替えをする
<AssistiveTouch>
ショートカット機能の「AssistiveTouch」を起動する
<VoiceOver>
画面に表示されている文章を読み上げる機能「VoiceOver」のオン・オフを切り替える
<消音>
マナーモードのオン・オフを切り替える
<通知センター>
通知センターを表示する
<画面の読み上げ>
画面上のテキストを読み上げる
<拡大鏡>
拡大鏡の機能を実行する
このように背面タップではデフォルトでは決められた設定しかできないものの、ショートカットアプリを使えば様々な指示を出す設定ができるのでより便利になります。”

LINEで送信予約するにはどうすればよい?

9月 3rd, 2023

“ブログやSNSの中には時間を指定して投稿やメッセージを送信する「予約送信・予約投稿」の機能を持つサービスがあります。ではLINEでは他のサービスと同じように時間を指定してメッセージを送信する機能はあるのでしょうか?まとめてみましょう。
【LINEには送信予約の機能はない!】
結論から言うと、LINEには時間を指定した送信予約という機能はありません。普段利用しているLINEアプリ単体では、メッセージなど送信時間を予約する機能は搭載されていないのです。
【LINEの送信予約ができる方法をレクチャー】
LINE自体には送信予約の機能がないものの、別の方法を使えばLINEでも送信予約をすることができます。そのやり方をレクチャーしましょう。
<予約送信for LINEを使う>
「予約送信for LINE」はLINEが提供しているアプリではなく、個人で作成されたアプリになります。こちらはLINEの公式が推奨しているわけではないので、自己判断で使用しましょう。
「予約送信for LINE」の利用手順は以下の通りです。
1、App Storeから「予約送信for LINE」をインストールする
2、メールアドレスとパスワードを入力してログインする
3、通知を送信するトークルームを選択し、[同意して連携する]をタップする
4、「LINE」アプリを確認すると、自身のLINEアカウントに「LINE Notify」というアカウントが自動的に友だち登録されている(連携が完了する)
5、送信予約したいトークルームに「LINE Notify」を招待する
6、「予約送信 For LINE」のアプリに戻って、トークルームを選択する
7、送信予約日時を選び、[LINEを予約する]をタップする
8、メッセージを入力し[予約する]をタップする
9、時間になると予約送信が行われ「LINE Notify」からメッセージが届く
この「予約送信 for LINE」はiOS限定となっているので、Androidの方は使用できませんのでご注意ください。
またLINEの友だちへ時間指定をして送信予約をしたい場合には、その相手とグループトークを作成しなければなりません。自分のアカウントを使ってグループへ参加してもらうという手順が必要になるのが少し面倒と感じてしまう人もいるでしょう。さらに「予約送信 For LINE」では、グループトークを使用してメッセージを送信するのは自身のLINEアカウントではありません。「LINE Notify」が送信することになるのでそちらも注意しましょう。
< LINE公式アカウントを使う方法>
「LINE公式アカウント」はLINEを運営するLINE株式会社が提供しているアプリです。このLINE公式アカウントを使って、予約送信をすることができます。
まずはLINE公式アカウントに登録する必要があります。登録方法は以下の通りです。
1、App Storeから「LINE公式アカウント」をインストールする
2、アプリを起動して[LINEアプリで登録・ログイン]から[許可する]を選び、[確認]をタップする
3、[アカウントを作成]をタップする
4、必要事項を入力して[確認]を選択し、[アカウントを作成]をタップする
5、[LINE公式アカウント]への登録が完了する
次に予約送信をする手順です。LINE公式アカウントでLINEメッセージを送信予約するためには送信予約をする前にメッセージを送りたい相手にLINE公式アカウントへ友達登録してもらう必要があります。
1、[LINE公式アカウント]の管理画面から[メッセージを配信する]をタップする
2、[追加]を選択
3、送信する内容(テキスト)をタップして、[次へ]を選択する
4、配信したい日時を入力して[配信]をタップする
5、確認画面が表示されたら[配信]をタップする
6、配信予約中のメッセージが表示される
7、時間になると予約送信が行われる(LINE公式アカウント)からメッセージが届く
LINE公式アカウントは設定を変更することで、アカウント名やプロフィール画像などを細かくカスタマイズできます。ただLINE公式アカウントでは、メッセージの送信相手を個別に選択することはできません。その公式アカウントをフォローしている[友だち全員]へ送られてしまうので、その点は注意しましょう。”

ペット撮影!可愛く撮るコツを伝授!

9月 1st, 2023

“かわいい愛犬の写真を撮りたいのに、ブレてしまう、気づいたら毎回同じ構図になってしまう、そんなお悩みはありませんか?
今回は、どうしても愛犬の可愛い姿をカメラに収めたいという皆さんのために、いくつか撮影のポイントをご紹介します。
いつものスマホを使う時に、ほんの一手間加えるだけで今よりぐっとおしゃれな写真が撮れるはずです。
それでは早速、みていきましょう。
■事前準備
撮影に入る前に、2点確認しておきたいことがあります。
・スマートフォン設定
まずは、スマートフォンの設定です。
グリッド線を表示させることで、よりおしゃれな構図で撮ることが出来ます。
設定から、カメラのグリッドをONにしましょう。
次に、愛犬をより可愛く撮るためにフォーカスとピント合わせの使い方を確認しておきましょう。
写真を撮るときに、ただカメラを向けるのではなく愛犬の目と眉のフチにピントを合わせていきます。
鼻にピントを合わせてしまうと、高さがあり目の辺りがボヤけてしまうことがあるからです。
そして、明るさも調整しましょう。
フラッシュがONになっていると、明るすぎて自然な写真が撮れないことがあるからです。
・愛犬の状態確認
また、愛犬の耳や舌の状態を確認してみましょう。
耳が後ろにある場合、少し怖がっていたりすることがあります。
舌もだらんとしていると、疲れていることがあるのでそんな時は、無理せずリラックスできるように休憩をとりましょう。
また軽くブラッシングしてあげると、毛並みが整えられてより美しい写真になります。
撮影に入る前に、この2点を確認してみてくださいね。
■ポイント①:正面からではなく、斜め45度がベスト
愛犬を撮影するときに、真正面から撮っていませんか。
正面から撮ってしまうと、太陽の光が直接あたり眩しくてせっかくかわいいお顔も険しい顔になってしまいます。
なるべく撮影する時は、斜め45度くらいを意識して斜光で撮るようにしてみましょう。
光のあたり方によって、目がしっかり見開くので可愛い表情が撮れるだけでなく、毛並まで綺麗にみえますよ。
■ポイント②:愛犬と目線を合わせる
スマートフォンで撮影する時に、上から撮ってしまうことが多々あると思います。
上から見上げる構図もかわいいですが、是非少ししゃがんで愛犬と同じ目線になって撮ってみませんか。
なるべく目線を下にして、カメラを横に構えてレンズが下に来るように向けるとベストです。
まるで愛犬の隣にいるかのような、臨場感あふれる写真になるはずです。
■ポイント③:暗い場所では白い紙を活用しよう
愛犬の表情をより可愛く撮るためには、光の加減がとても大事になります。
かわいい表情も暗く写ってしまうと、なんだか悲しい表情に見えてしまいます。
そんな時は、お家にある白画用紙を上手に活用していきましょう。
白い紙は、光を反射してくれるのでプロが使うレフ板の代わりになります。
高いものを購入しなくても、工夫次第で綺麗に撮れるので是非試してみてください。
使い方はとっても簡単、愛犬のお顔が少し暗いなと思った箇所に光を反射させて撮るだけです。
これだけで、顔まわりがぱっと明るくなるはずです。
お部屋が暗いなと感じた時も同様に試してみてくださいね。
■ポイント④:連写機能を上手に使おう
愛犬は、どうしても走りまわっていてなかなか思うような写真が撮れない、という方も多いと思います。
そんな時こそ、連写機能を上手に活用しましょう。
まず、撮りたい場所にボールなどの小物を置きます。
そしてボールにピントを合わせます。
画面をタッチするだけなので難しい操作はありません。
ピントが合ったら、その場に愛犬が通過した時がチャンスです。
この時に、連写モードでシャッターをきりましょう。
■ポイント⑤:舌ペロショットを撮る
最後にお茶目でかわいい舌ペロショットを撮るコツをご紹介します。
まずは、ジャッキーなど一口では噛みきれない少し食べにくいおやつを用意します。
少しずつ食べさせながら、撮影していきましょう。
この時ただ食べさせるのではなく、少し食べたら手を引き様子をみながら撮ると良いですね。
何枚か撮影することで、かわいいショットが撮れるはずです。
愛犬のお気に入りのおやつを準備して、是非試してみてください。
■まとめ
いつもの撮影もほんの少し、カメラの使い方を工夫するだけで一味違う表情、構図でおしゃれな写真が撮れるはずです。
あとは、愛犬の状態を確認し明るさを工夫しながら楽しく撮ってみてくださいね。”

5G対応スマホの「Hisense F70」とは?

8月 26th, 2023

“現在の5Gは4Gよりも100倍速いブロードバンドサービスを提供することができ、ダウンロードに5分くらいかかっていた2時間くらいの映画が数秒でダウンロードすることができるのです。
その5Gに対応しているスマートフォンは数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「Hisense F70」という5Gスマホがあり、解像感が高い写真の撮影が可能な高性能カメラや外出先で充電切れになる心配もない大容量バッテリー、消費電力を抑えて長時間のバッテリー駆動を実現している高性能CPUや激しく動く映像を滑らかに表示できる高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約169ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約195gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはグリーンとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.81インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはUNISOC Tangula T770(Tiger T7520) 2.5GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約4800万画素+広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、パノラマモード、プロモード、フォトタイマー、レベリング、バーストモード、顔認識モード、オートフォーカス、スーパーナイトモード、ビューティーモード、HDR 、歪み補正などの機能が付いています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”Samsung Galaxy Smartphone List