SIMフリーで人気「AQUOS sense2」

5月 22nd, 2019

“今では、SIMフリーのスマートフォンも人気になってきました。
というのも、キャリアスマホからSIMフリーに変更することは、それほど大変ではないからです。SIMフリーの場合、保証外などを正しく理解して、後は初期設定をするだけで、安価なスマートフォンを利用できるようになります。
そんなSIMフリースマートフォンの中で人気なのが、AQUOS sense2です。AQUOS sense2は、低消費電力、美麗なグラフィックを映すIGZOディスプレイが採用されていますので、SIMフリーなのに高機能ということで、人気が上がっているスマートフォンなのです。
その他の特徴では、AQUOS sense2は5.5インチのAndroid端末となっており、しかも、IPX5・IPX8の高い防水性能を持っていますので、近年では、主婦などからも人気となっています。防水性能が高いスマートフォンは、多いようで少ないです。
しかもAQUOS sense2は、シンプルなUI「AQUOSかんたんホーム」を搭載しています。”

“小さいスマホを探している人あつまれー! 「Palm」がSIMフリーで日本上陸 “

5月 15th, 2019

これは嬉しいサプライズ!昨年、超コンパクトスマホとして登場したPalmが日本に上陸します。しかも、キャリアを選ばないSIMロックフリーで!PalmはもともとPDA(携帯情報端末)と呼ばれたガジェットのブランド。昨年、Androidスマートフォンとして再デビューしました。ウリはなんといってもそのサイズ感です。「クレジットカードサイズ」と呼ばれるボディはiPhone SEのディスプレイくらいの大きさしかありませんが、その中身はれっきとしたフル機能のスマートフォン。好きなアプリを入れて好きなことができますし、画面のどこにでも親指が届きます。米Gizmodoいわく「一口サイズにパッケージされた、フルコースのディナー」。日本版の発表にあたり30分ほど触る機会がありましたが、ボディの質感はとても高く、磨き上げられた石のような手触りです。発売日は4月24日。気になるお値段は4万4800円となります。4月18日より、オンラインストア「+Style」にて予約がスタートしています。 また、家電量販店やECサイトでも購入できるようになる予定です。最新スマホ Galaxy

ネックバンド型ワイヤレスイヤホンHUAWEI Free Lace発表

5月 11th, 2019

3月26日にHUAWEIの新型スマホの発表があった。それに合わせ、ネックバンド型イヤホンの発表もあった。沢山の人はスマホの方に集中していて、あまりスマホに使われるアイテムの方に触れている人は少ないのではないだろうか。その中でも私は、イヤホンについて触れていこうと思う。まずはじめに言わせてもらいますが、日本で発売するかは不明です。このイヤホンは4種類のカラーがあり、普通は首にぶら下げて持ち歩ける。磁石が付いており、くっつければ電話を切る事も音楽を止める事もできる。逆に磁石を離して使えば音楽を聴けるし、電話も自動でできる。そのため首から落ちる事もないし、Bluetooth対応のため邪魔にもなやない。物理ボタンもあるため音の大きさなどの微調整も可能だ。充電も5分するだけで4時間ほど音楽再生できるから、電気の消耗もかなり抑えられるだろう。スマホを新調するなら一緒に合わせて買ってみてはどうだろうか。

スマートフォンの「Moto G5」

3月 27th, 2019

ハイグレードのアルミニウム仕上げが施されており、ワンタッチでスマートフォンのロックを解除できる指紋認証センサーがついた便利で使いやすいスマートフォンが「Moto G5」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはファインゴールドとルナグレーの2色が用意されており、ボディサイズは幅約73ミリ、高さ約144ミリ、厚さ約8.7ミリ、重さ約149gになっています。
ディスプレイはソーダライムガラスを採用した約5インチフルHD液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは高速充電に対応した2800mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン430オタクコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは16GBです。
こうしたスマートフォンのカメラは、LEDフラッシュライトがついた約1300万画素のメインカメラとディスプレイフラッシュや広角レンズがついた約500万画素のフロントカメラが搭載されています。

身体の動きをセンシングするスマートアパレル「e-skin」の受注販売がスタート

1月 17th, 2018

身体の動きをセンシングする“スマートアパレル”「e-skin」の受注販売を愛三電機が開始しました。同店は、開発者向けの「e-skin Developer’s Kit」として販売中です。価格は税抜き500,000円で納期は要確認となっています。e-skinは、東京大学のスピンオフ企業であるXenomaが開発した、衣服タイプのウェアラブルインターフェイスです。身体の動きや姿勢などをキャプチャし、VRゲームなどの開発に利用できるデバイスで、身体にマーカーを固定したり、カメラを用意したりする必要がなく、普通のシャツと同じように着るだけで済むのがメリットとなっています。本体には14個の歪センサーが搭載されていて、絶縁が施されており、汗をかいても使用できるほか、洗濯も可能ということです。伸縮性があり、重ね着することも可能なため、日常生活での動きをキャプチャするといったシーンでも活用できます。材質はポリエステル80%、スパンデックス20%で、サイズはXS、S、M、L、XL、XXLの6つ。男性用と女性用の2タイプがあります。

ドコモ、VR空間を複数人でリアルタイム共有できるシステム

1月 11th, 2018

NTTドコモは、東京放送ホールディングス及びTBSテレビとの業務提携の一環として、10月21日から国立科学博物館(東京都・台東区)で開催される特別展「古代アンデス文明展」へ出資し、ドコモのIoT技術を活用した「VR ウユニ塩湖~17,000kmの彼方へ~」(以下、VR ウユニ塩湖)及びドコモのスマートフォンを利用したマルチメディアガイドを提供します。「VR ウユニ塩湖」は、「デバイスWebAPI」技術をVRシステム構築に応用することで、汎用的なVR空間共有システム(以下、本システム)として実現されているのです。本システムでは、環境を問わずにデバイスの相互接続性を実現する「デバイスWebAPI」技術によって、VRでの操作や制御に必要なプログラムの共通化が実現されています。ドコモは、インターネット接続環境の有無、PCアプリケーションやスマートフォン、Webブラウザなどの特定の環境に依存しない形で、容易にVRコンテンツが作成できるようになるとしているのです。

米グーグル、台湾HTCからスマホ事業の一部を1230億円で買収

12月 27th, 2017

米アルファベット傘下のグーグルは9月21日、スマートフォン事業の拡大に向け台湾の宏達国際電子(HTC)から一部事業を110億ドル(約1230億円)で買収すると発表しました。グーグルはHTCに出資はしないが、HTCの人員の一部がグーグルに移籍するということです。一時はスマートフォン市場で主要な位置を占めていたHTCは、米アップルや韓国のサムスン電子などとの競争で苦戦していました。グーグルは、当局による承認が順調に進めばHTCとの合意は2018年の早い時期に完了するとみています。グーグルのハードウェア部門を率いるリック・オスターロー上級副社長は、グーグルのウェブサイトに掲載されたブログで、「グーグルのハードウェア事業はまだ始まったばかりだ」と述べています。グーグルとHTCはこれまでも協力関係にあったのですが、グーグルは今回、自社ブランドのスマートフォン「ピクセル」を開発するHTCのチームを買収し、HTCが保有する特許の使用権を得ます。オスターロー氏は、「グーグルにこれから加わる人々は、すでに『ピクセル』スマートフォン製品ラインで緊密に協力してきた素晴らしい人たちだ」と述べました。

“9割が「大変」と感じる住宅購入の手続き これからはSNS利用が主流になるか “

12月 12th, 2017

住宅業界には「時短要素」のひとつとし住宅プレゼンでのVR(バーチャルリアリティ)が広がりつつあります。例えば、CADシステム大手の福井コンピュータアーキテクトでは、ヘッドマウントという器具をメガネのように装着すると、目の前にVR(バーチャルリアリティ)空間が映し出され、自分自身がまるで部屋の中を歩いているような疑似体験ができる仕組みです。図面などの紙上だけでイメージ力を働かせることもなく、立体的な空間の中で歩き回ることが可能なため、イメージの相違なども少なくなるのです。プラン決定までの打合せの回数も削減できることや、自宅でも外でも器具があれば繰り返し体験することもできるため、今までのようにモデルルームなどに頻繁に足を運ぶことも少なくなり、「時短」にも繋がっていく可能性があります。住宅購入のプロセスは、今はまだまだ書類が中心の「アナログ」部分が多いとされているのですが、これからは「時短意識」の高いSNS世代がユーザー層の中心となっていくでしょう。

米グーグル、台湾HTCからスマホ事業の一部を1230億円で買収

11月 17th, 2017

米アルファベット傘下のグーグルは9月21日、スマートフォン事業の拡大に向け台湾の宏達国際電子(HTC)から一部事業を110億ドル(約1230億円)で買収すると発表しました。グーグルはHTCに出資はしないが、HTCの人員の一部がグーグルに移籍するということです。一時はスマートフォン市場で主要な位置を占めていたHTCは、米アップルや韓国のサムスン電子などとの競争で苦戦していました。グーグルは、当局による承認が順調に進めばHTCとの合意は2018年の早い時期に完了するとみています。グーグルのハードウェア部門を率いるリック・オスターロー上級副社長は、グーグルのウェブサイトに掲載されたブログで、「グーグルのハードウェア事業はまだ始まったばかりだ」と述べています。グーグルとHTCはこれまでも協力関係にあったのですが、グーグルは今回、自社ブランドのスマートフォン「ピクセル」を開発するHTCのチームを買収し、HTCが保有する特許の使用権を得ます。オスターロー氏は、「グーグルにこれから加わる人々は、すでに『ピクセル』スマートフォン製品ラインで緊密に協力してきた素晴らしい人たちだ」と述べました。

エイサー、ドバイに世界最大のVR娯楽施設

11月 10th, 2017

パソコン(PC)世界大手の宏基(エイサー)は、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイの企業と提携し、VR端末ヘッドマウントディスプレー(HMD)「スターVR」を利用した娯楽施設を建設するとのことです。同社の陳俊聖董事長によると、当該施設は年末から2018年初めをめどに完成する見通しで、VR専用の娯楽施設としては世界最大規模となるようです。9月1日付経済日報などが伝えました。陳董事長によると、施設内には原則的に10種以上のVRコンテンツを同時に展開し、半年ごとに内容を変更するということです。宏基は当該施設向けのVRのハードウエアとソフトウエアの提供から運営まで携わり、現在は既に製品の出荷を進めています。スターVRは、スウェーデンに拠点を置き動画やゲームなどエンターテインメント事業を展開するスターブリーズ・スタジオが開発し、エイサーが製造を受託します。5K(5,120×2,880ピクセル)の解像度で210度の広い視野角を売りとするとのことです。