「HTC Vive」大幅値下げ、商機は消費者より企業にあり

HTCが、仮想現実(VR)システム「Vive」の価格を200ドル引き下げました。Facebookによる「Oculus Rift」の値下げに追従する動きです。HTCはブログ記事で、Viveシステムの価格を599ドルとすることを発表しました。このバンドルには、ヘッドセット、センサ、モーションコントローラが含まれるということです。Oculusは7月、Riftと「Touch」を期間限定で399ドルで販売するとしていた。OculusとHTCはともに、ソニーの「PlayStation VR」を追う立場にある。399ドルのPlayStation VRはこれまでに、100万台以上を売り上げています。民生市場を見るならば、HTCの価格引き下げにあまり効果はないと論じることはたやすいです。しかしHTCによると、Viveハードウェアには、エンタープライズパートナーとしてIntel、UPS、Volkswagen、Salesforceが名を連ねています。UPSは先日、ドライバーの訓練にVRとViveを利用する方法について概要を明らかにしました。
http://www.galaxymobile.jp/gear-s3-frontier/

Leave a Reply